育毛に必要な睡眠時間

人間が昼に働き、夜に眠るというリズムを保っているのは、昼に消費したエネルギーやダメ-ジを夜の睡眠時間に補給、再生しているためです。これは、身体だけでなく、髪にもいえることです。昼にダメ-ジを受けた肌や髪は、夜、休息することによって新たに生成されるのです。

人間の身体を成長させるホルモンは、入眠して約2時間ほどに訪れる最初のノンレム睡眠が最も成長ホルモンが多いと言われています。

★これまでは、22時~翌2時の4時間が最も成長ホルモンが多く分泌される「ゴールデンタイム」と言われていましたが、これらは古い情報で、現在では 入眠して2時間ほどに訪れる最初のノンレム睡眠がゴールデンタイムと解釈されています。

 

より効率よく成長ホルモンを分泌させるためには「深い眠りにつきやすい時間帯に眠る」ことが大切です。そのため、遅くても深夜0時には床に就くのが良いでしょう。

人間にとって最適な睡眠時間は7時間と言われています。

効果的な睡眠をとりたいと思ったら、睡眠時間だけでなく、まずは日常生活の乱れから見直すことが重要であるといえます。

関連記事

  1. 過剰な飲酒による髪への影響は?

  2. 日常生活週刊を見直す

  3. アミノ酸系シャンプーとは?

  4. 薄毛のシグナル①

  5. 育毛シャンプー (スカルプシャンプー)

  6. 薄毛対策はいつ始めるのがベスト?