髪によくない事

濡れた髪のブラッシング

シャンプーをした後などの髪が濡れた状態のとき、髪の表面が無理に広がった状態になっています。

この時にブラッシングすると開いたままのキューティクルが引っ張られ、痛みの原因になります。

濡れた髪へのブラッシングは枝毛、切れ毛を招いてしまいます。

ある程度ドライヤーで水分を飛ばしてからブローやブラッシングをおすすめします。

関連記事

  1. タバコは育毛の天敵

  2. 女性の薄毛

  3. 筋トレや自慰行為で薄毛は進行する?

  4. 帽子やヘルメットをかぶっていると薄毛になりやすい?

  5. アミノ酸と飲酒の関係

  6. 日常生活週刊を見直す