髪によくない事

濡れた髪のブラッシング

シャンプーをした後などの髪が濡れた状態のとき、髪の表面が無理に広がった状態になっています。

この時にブラッシングすると開いたままのキューティクルが引っ張られ、痛みの原因になります。

濡れた髪へのブラッシングは枝毛、切れ毛を招いてしまいます。

ある程度ドライヤーで水分を飛ばしてからブローやブラッシングをおすすめします。

関連記事

  1. 効果的な頭皮マッサージ方法

  2. 産後の抜け毛

  3. 割引初回トライアル

    実感お試し体験

  4. Super scaipが選ばれる2つの理由!

  5. こんなお悩みをお持ちではありませんか?

  6. 皆様に喜ばれてます