過度な飲酒は髪の毛の生成を妨げる!?

お酒は昔から「百薬の長」といわれており、飲酒自体が必ずしも有害となるわけではありません。

ただ、それは「適度な飲酒」の場合であって、過剰な飲酒は髪の生成にも悪影響を与えることがわかっています。

髪の構成成分はケラチンというタンパク質ですが、このタンパク質を構成しているのがアミノ酸です。

アミノ酸は体内で分解され、各種エネルギーとなって活用されますが、大量にアルコールを接種すると、体内のアミノ酸のほとんどがアルコール分解に回されてしまい、髪の生成に行き届かなくなってしまいます!

健康や育毛のために、過剰な飲酒は控えるべきでしょう。

 

関連記事

  1. お客様からの喜びの声

  2. 過度のダイエットは、薄毛の進行を招くことがある!

  3. 筋トレや自慰行為で薄毛は進行する?

  4. 育毛に必要な睡眠時間

  5. ワックスなどのスタイリング剤が薄毛の原因になる?

  6. 薄毛対策に効果的な食べ物